支援に役立つガイドブック

保育士・幼稚園教諭向け「実践に活かす気になる子への支援ガイドブック」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
埼玉県福祉部福祉政策課 発達障害対策担当
発行日
平成23年10月

 発達障害は、一見しただけでは分かりにくく、周囲の理解が得られないこと、適切なかかわりが遅くなることがあります。子どもの困った気持ちに気付き、子どもにあった対応を早期に行うことで、現在または将来の生活上の困難さを軽減できるようになります。
 本ガイドブックは、保育士、幼稚園教諭や地域子育て支援センター職員向けに、発達障害をはじめ、子どもたちの特性に応じた適切な対応を促すため作成されたものです。

発行元団体ホームページ

「自閉症をはじめとする発達障害者のための防災ハンドブック」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
茨城県保健福祉部
発行日
平成25年3月

 東日本大震災ではたくさんの方々が被害を受け、避難を余儀なくされましたが、なかでも発達障害のある人は、その障害の特性から、スムーズに避難できない、避難所で過ごすことができない、心理的ショックから体調を崩すなど、大変な苦労をされました。
 茨城県では、災害時の特別な対応の必要性や、災害時に利用できる様々な制度などをとりまとめたハンドブックを作成しました。このハンドブックの活用により、発達障害に対する理解が進み、防災対策が一層推進されることが期待されています。(「はじめに」参照)

発行元団体ホームページ

「発達障がいを正しく理解しよう!(乳幼児期編)」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
宇都宮市こども発達センター(ここ・ほっと)
発行日
平成27年2月

 本パンフレットは、学齢期の発達障害のこどもについて、保護者や一般の方向けに正しい理解と適切な対応を促すために作成されました。「発達障がいって何だろう?」「それぞれの障がいの特性は?」「どんなことで困っているの?」「どんなふうに関わればいいの?」「どこに相談すればいいの?」といったことについて情報提供されています。

発行元団体ホームページ

「発達障害の理解と支援のための基本ガイド」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
群馬県発達障害者支援センター
発行日
平成25年12月

 発達障害の基本的な特性は、生涯にわたって継続しますが、本人や周囲が、早めに特性を理解し適切に対応することにより、二次的な障害を防ぎ、学校や職場等の社会生活における適応力が向上し、さらにはその能力を十分に発揮することも可能になります。
 本冊子は、広汎性発達障害(PDD)、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)について、それぞれの特性・本人への影響・対応をわかりやすく説明しています。また、相談できる場所や関係機関も紹介しています。(紹介文 参照)

発行元団体ホームページ

「発達障害のある人と支援者のために」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
神奈川県発達障害支援センターかながわA(エース)
発行日
平成27年3月

 発達障害に関する専門家の存在や、地域における関係者の連携や支援体制の整備状況により、地域での暮らしにご本人や家族が不安を抱いているなどの現状があります。
 本冊子は発達障害への理解に向けて、基本的な事柄がわかりやすく表現されています。発達障害のある方が学校・ 地域・職場などで不安のない生活をおくるために、活用することが期待されます。(はじめに 参照)

発行元団体ホームページ

「発達障害者支援ハンドブック」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
愛媛県発達障害者支援センター
発行日
平成25年11月

 発達障害者が成人期になって自立と社会参加を実現するためには、支援者(家族や専門職)が当事者の特性を良く理解し、正確な評価に基づく適切な支援をし、過剰なストレスや不適切な対応、孤立、いじめから本人を守りつつ、社会技能(ソーシャルスキル)の発達を促す取り組みが必要です。一方で、社会に働きかけて障害全般についての理解を深め、差別や偏見をなくす努力をし、多様な人々に寛容な社会が実現するよう行動することも求められています。
 本ハンドブックはその一助となるように、愛媛県発達障害者連絡協議会のメンバーを中心に様々な立場の支援者の意見を取り入れて作成されました。(「はじめに」参照)

発行元団体ホームページ

発達障害支援ハンドブック「ひとりじゃないよ」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
富山県
発行日
平成25年1月

 本ハンドブックは、保護者を対象に、より楽しく子育てをするため、「子育てをがんばっているあなたへ」というメッセージとともに、困ったときの対応の仕方について、イラストを交えて紹介されています。また、相談できる機関を「地域資源マップ」の中で案内しています。なお、「幼児期」「学齢期」「成人期」と3つの冊子があります。

発行元団体ホームページ

「発達障害者支援ハンドブック2015」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
政府機関
発行元団体
東京都福祉保健局障害者施策推進部精神保健・医療課
発行日
平成27年3月

 東京都では、発達障害者支援法に基づき、東京都発達障害者支援センターを運営し、発達障害のある方や御家族の相談支援等に対応するとともに、平成21年度から『発達障害者支援ハンドブック』を発行する等、関係機関への普及啓発等を進めています。
 本ハンドブックは、早期発見・早期支援、成人期発達障害者支援等についての取組の広がりと新たな課題を踏まえ、発達障害の特性や支援システムの実例及び具体的な支援手法、社会資源等を中心に、21年度版の『発達障害者支援ハンドブック』に改訂がなされたものです。(「はじめに」参照)

発行元団体ホームページ

「サポートブックの作り方・使い方ガイド 幼児・低学年用」/「サポートブックの作り方・使い方ガイドⅡ 生活の場面が変わるとき編」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
その他
発行元団体
神戸市サポートブック作成検討委員会
発行日
平成26年8月

 「サポートブック」は、家族以外の人に関わってもらうときに子どもの様々な情報を知ってもらい、初めての場所や初対面の人とでも、子どもが安心して過ごすためのツールです。使い慣れると大変便利ですし、子どもの情報を整理すると、これまで気づかなかった一面が見えてきます。しかし、実際に作るとなると、「どうしたらよいかわからない」と戸惑う方が多いと思われます
 「サポートブックの作り方・使い方ガイド 幼児・低学年用」及び「サポートブックの作り方・使い方ガイドⅡ 生活の場面が変わるとき編」は、そのような方々に簡単で具体的な作り方を知ってもらうために作られました( を参考)。
 本サポートブックは、サポートブックとサポートファイルの概要を説明した「説明編」、サポートブックの作り方・使い方をまとめた「書き方編」「使い方編」、作成時に利用できる「様式編」、また、「サポートブックの作り方・使い方ガイドⅡ 生活の場面が変わるとき編」では、生活場面が変わるときに必要な項目を発育順にまとめた「引継ぎ項目編」で構成されています。

 

・「サポートブックの作り方・使い方ガイド 幼児・低学年用」
 

・「サポートブックの作り方・使い方ガイドⅡ 生活の場面が変わるとき編」
 

発行元団体ホームページ

「咲かせよう、じぶん色の花 発達障害と生きていくためのサポートガイド」

ガイドブック参照リンク

分野
福祉
発行元分類
その他
発行元団体
所沢リソースブック制作委員会
発行日
平成25年4月

 冊子「咲かせよう、じぶん色の花 発達障害と生きていくためのサポートガイド」は、発達障害のある子どもや家族が地域で活用できる資源(リソース)を、所沢市と所沢・発達障害児者を支援する会「よつばくらぶ」が協力して、親の視点から編集し発行されました
(を参考)。
 本冊子の内容は、「発達障害に気づく」「学びの選択」「自分らしく生きていくために」「あなたを支える福祉制度」の4つで構成され、相談場所、学びの場、就労を支援する機関や障害者手帳により受けられる支援など、ライフステージごとに受けられる支援を詳しく説明しています。


・「咲かせよう、じぶん色の花 発達障害と生きていくためのサポートガイド」

発行元団体ホームページ